医療アシスタントという職業ですが、医療という有資格者が活躍する現場において、業界未経験の方でも、本人の努力とがんばる気持ち次第で充分に力を発揮できるとても面白いお仕事です。

業務内容は「医師を患者様の下へお連れするドライバー」がメインにはなりますが、現場に到着すれば患者様の介助や、必要物品の準備、療養環境の確認など、臨機応変な仕事が求められ、その行動はとても多岐にわたります。それだけでなく、患者様のケアマネージャー、施設の担当者、患者様を中心とした各種関係者の方々との仕事上関わる機会の多く、在宅医療という現場において非常に忙しく体力面、精神面が求められる仕事です。

 しかし、自身の熱意と目標をもって取り組むことで、将来的にも様々なビジョンを見据えることが出来る職業でもあります。

「真摯に在宅医療に対し向き合う気持ちのある」「介護業界におり、医療に対する興味が強い」「とにかくやりがいを感じたい方」など、医療アシスタントを務める方はこういった想いをもった人に向いていると思います。

医療アシスタントの紹介

名前:鎗谷 賢三(やりたに けんぞう)

職種:医療アシスタント(リーダー)

 「介護用具などの基礎知識など、ご相談できることもあるかもしれません。気になることがあれば声をかけてください。」

名前:渡邊 方太(わたなべ まさたか)

職種:医療アシスタント

「患者さま、ご家族さまに対し誠実にお付き合いをしてまいりたいと思います。」

名前:坂口 景亮(さかぐち けいすけ)

職種:事務長 / 医療アシスタント

「患者様、ご家族様にお会いした際に信頼と安心感をお届けできるようにがんばります。」

名前:中村 真祐(なかむら しんすけ)

職種:事務主任(医療相談員)

「相談員のみならず、アシスタントとして現場に赴くこともあります。ご心配なことがあれば、いつでも構いません。ご相談ください!」

名前:中野 拓郎(なかの たくろう)

職種:救急救命士(医療アシスタント)

「現在看護師となるべく猛勉強中。就学しながら当直や看護師さんの同行をしながら勤務を続けています。

看護師となり、また患者様の前に立てるように、かんばります!」

名前:與儀 まどか(よぎ まどか)

職種:救急救命士(医療アシスタント)

「男性の多い環境ではありますが、女性ならではの気遣いや雰囲気づくりで患者様と向き合って行きたいと思います。」

名前:青木 翔(あおき しょう)

職種:救急救命士(医療アシスタント)

「患者様の訪問予定調整を携わるようになりました。様々な状況に素早く対応出来るように、常に最新の情報を頭にいれて、活躍していきたいと思います。」




当院の救急救命士について

~救急救命士の現状~

まずはじめに、救急救命士の現状をここに記したいと思います。

予てより、多くの救急救命士は公務員として消防署に勤務しており、119番の通報を受けて早急に現場まで向かいます。医療の発達等により、高齢者の人数も純増していく中、救急車の出動件数は全国で年間500万件以上あると言われ、その件数は年々増加の一途を辿っているのが現状です。

医療の現場だけでなく火事、交通事故などの際には救急救命士は欠かせない存在です。このような現状に、消防庁では3人1組の救急隊の内、少なくとも1人は救急救命士の資格取得者を配備しておくよう呼びかけており、消防署の中でも年々救急救命士の需要は高まりつつあるようです。

救急救命士の資格習得者は厚生労働省の発表により3万7981名(平成22年)であり、その内1万8000人ほどが全国の消防署で、残りの人数が私共のような医療機関で救急隊員として働いております。しかし、増加しつつある出動件数に対して救急救命士の数は不足しがちです。昨今では都市部や一部地方のみならず、全国的に需要の高い職業と言えるのではないでしょうか。

国内はもとより世界中に大きな衝撃を与えた東日本大震災。震災直後は連日テレビなどのメディアでは被災地の救助活動が大きく取り上げられ、全国の救急救命士が救助に当たる姿が求職者や将来を見据える中高生に強い印象を与えのではないでしょうか。現在では救急救命士国家資格試験の受験者数は例年より大きく伸びており救急急救命士は自然災害の多い日本において、今後も高い需要が維持されていくものであると考えられます。

~救急救命士のこれから~

では、当院で働く救急救命士はどのような動きをしているかというと、本来の救急救命士のような消防官として出動要請に対し動くのではなく、訪問診療、往診により患者様のお宅へ医師をお連れするドライバーとしての動くのが当院の救急救命士のメインの仕事です。もちろん、患者様のお宅では、医師の診療補助の他、患者様やご家族様とのコミュニケーションを図り、患者様が、ご家族が何を求めているのか、どうしてほしいのかを汲みとれるように行動しております。診察が終了しましたら、処方箋や必要書類の確認などを行い、問題が無ければ次のお宅へと向かいます。

このように、当院の場合の救急救命士は「救命行為に特化した動きだけでなく、医療に関する総合的な補助をする人間」として『医療アシスタント』と呼称し、患者、家族、医師、介護をつなぐとても重要な存在となっております。

現在当院で働いている救急救命士は「救助した人が今後どのようになっていくのか?」「もっとコミュニケーションを取りたい」などの気持ちを抱えながら、救急車に乗り現場で救命行為に尽力を注いできた経験者ばかりです。ですから、当院で新たなスタートを切った救急救命士は、今後は長い目で患者様と付き合って、ともに成長して行きたいといった志をもち現在も大きく成長していっています。

実績として、消防に所属する救急救命士として従事し、その後当院へ入職。約3年の勤務の上、看護師になるために学校へ入った者もおります。

今後の在宅医療の分野では、医療だけでなく「患者様、家族様に寄り添える存在」となれる医療アシスタントの存在が重要になってくるものと考えます。


とはいえ、救急救命士が行える救命行為も厚生労働省で協議が重ねられ、年々拡大しています。当院は、救急救命士の活躍できる新たな現場として、受け皿になれるようなクリニックとなるべく日々模索し、進化を続けていきたいと思います。


医療アシスタント 坂口 景亮(2015/06/30)

メディア関係

在宅医療支援サイト

「homedi」ホメディ 

病気になっても住み慣れたところで暮らしたい

住み慣れたところで療養する家族を支えたい

『医療保険や介護保険など在宅に関する情報が載っております。当院をご検討の方は、ご一読されるとより一層理解が深まるものと思われます』

http://homedi.eisai.jp/consumers/

後方支援連携病院 一覧

『24時間・365日「断らない救急」を実践しております。』


『地域に根差した医療を目指して。』


『確かな技術と あたたかさで 信頼される 医療を こころをこめて 提供します。』


医療法人社団 和光会 総合川崎臨港病院

http://rinko.or.jp/

『ともに生きよう。100年病院』


川崎市立 川崎病院

http://www.city.kawasaki.jp/32/cmsfiles/contents/0000037/37856/kawasaki/index.html

『川崎病院は地域の皆様の健康と福祉の向上に貢献することを目指します』


医療法人愛仁会 太田総合病院

http://www.ota-g-hospital.com/


『「医は心」明るく、思いやりにあふれた、何よりも人間性を重視した患者さん中心の医療を目指します。

そして、地域の皆さんの価値ある健康を守るために邁進します。』


医療法人 平和会 平和病院

http://www.heiwakai.com/index.html

『患者様にとって、いつも優しく、誠実であること』


『質の高い地域医療から高度先進医療まで幅の広い医療の提供』

後方支援連携歯科 一覧

『患者様に安心して治療を受けていただけるように「一人一人の患者様に最適な治療を行う」ことを目指し、インフォームドコンセント(説明と同意)に重点を置き地域の皆様の健康に少しでもお役にたてるような歯科医院として努力いたします。