メディア関係


当院理事長も一部参画しております

日本医事新報社 様 発信の書籍


疾病管理・運営・法的問題まですべてわかる

在宅医療マネジメントQ&A【電子版付】

『在宅医療とは?』『介護家族による医療的行為とは?』といった基本事項から『主治医意見書の書き方』や『転倒への対応』など、在宅医療を取り巻く情報がまとまっています。

在宅医療支援サイト

「homedi」ホメディ 

病気になっても住み慣れたところで暮らしたい

住み慣れたところで療養する家族を支えたい

『医療保険や介護保険など在宅に関する情報が載っております。当院をご検討の方は、ご一読されるとより一層理解が深まるものと思われます』

http://homedi.eisai.jp/consumers/

後方支援連携病院 一覧

『24時間・365日「断らない救急」を実践しております。』


『地域に根差した医療を目指して。』


『確かな技術と あたたかさで 信頼される 医療を こころをこめて 提供します。』


医療法人社団 和光会 総合川崎臨港病院

http://rinko.or.jp/

『ともに生きよう。100年病院』


川崎市立 川崎病院

http://www.city.kawasaki.jp/32/cmsfiles/contents/0000037/37856/kawasaki/index.html

『川崎病院は地域の皆様の健康と福祉の向上に貢献することを目指します』


医療法人愛仁会 太田総合病院

http://www.ota-g-hospital.com/


『「医は心」明るく、思いやりにあふれた、何よりも人間性を重視した患者さん中心の医療を目指します。

そして、地域の皆さんの価値ある健康を守るために邁進します。』


医療法人 平和会 平和病院

http://www.heiwakai.com/index.html

『患者様にとって、いつも優しく、誠実であること』


『質の高い地域医療から高度先進医療まで幅の広い医療の提供』

後方支援連携歯科 一覧

『患者様に安心して治療を受けていただけるように「一人一人の患者様に最適な治療を行う」ことを目指し、インフォームドコンセント(説明と同意)に重点を置き地域の皆様の健康に少しでもお役にたてるような歯科医院として努力いたします。


あいホームケアクリニックの勤務医師の一日(更新中)

始業【常勤医師 / 非常勤医師 ※時間は雇用契約内容により異なります】

常勤医師、非常勤医師を含むスタッフ全員での朝礼


【9:00】朝礼

時間前には出勤し、各自事前準備を行っております。

9:00に朝礼を行い、当直担当者(医師やアシスタント)から当直帯に起きた問い合わせや往診内容を発表(共有)します。その後、非常勤医師と常勤医師で当日訪問予定の各ルートに対しカンファレンスを実施致します。



カンファレンスで情報共有、各ルートに出発


【9:15】アシスタントとルートに出発!

運転はアシスタントにお任せ下さい!アシスタントは医師が診療に集中できるように様々なバックアップを致します。車両には、診療バックのほか在宅で調子の悪い患者様に必要とされる点滴等が積んであり、大概の事には対応可能。事前に検査機器(エコー、心電図等)が必要な患者様がいるルートには、ポータブル機器を持参します。訪問はアシスタントと医師の2名体制が基本です。

(訪問時に採血など手技が多いルートがある場合は、看護師が同行することもございます)

患者様のお宅に到着、お部屋に訪問し診察開始


【9:30】診察開始

  1. 介護者の方へご自宅での療養状況の確認(連絡ノート等で確認)
  2. 医療アシスタントによるバイタル測定
  3. 医師の診察
  4. 採血、注射、点滴等の手技
  5. 服薬状況確認、処方箋の発行 等になります

診察は上記のような流れで行われます。在宅医療では、患者様はもちろん、ご家族様とのコミュニケーションも非常に大切です。アシスタントは介助、家族(介護者)との会話を常に意識して動いてます。時にその情報が医師の診療に役立つこともあります。

午前診察終了 クリニックへ戻りカンファレンス


【11:40】クリニックへ

・居宅での診察が中心の場合(約5件)

・施設が中心の場合(1~2件「患者数:20名前後」)

曜日によって違いますが、おおよその患者様の構成は上記の通りです。診察が終了しましたらクリニックへ戻り、午前の分を常勤医師と申し送り(カンファレンス)を行い情報共有を致します。午後の診察開始時間が早い、臨時の患者様が入ったなど、状況により昼にカンファレンスを行わず、夕方クリニックに戻られた後に、午前と午後の患者様の状態報告一度に行う場合もございます。

昼休憩(1時間)

安全運転で川崎を走行します


【13:20】午後の訪問へ出発

・居宅での診察が中心の場合(7件程度)

・施設が中心の場合(1~2件「患者数25名前後」)

患者様やご家族様都合が最優先ではありますが、当日の訪問ルートは各医師が極力同じ地方に向かわないように調整しております。これは、平日の日中帯に入る往診要請対し、定期訪問で近くを訪問している常勤医師に臨機応変に対応して頂くためでもあります。

夕方のカンファレンスで1日の最新情報を共有


【16:40】クリニックへ戻ります

午後の定期訪問患者の時間は16:30が最後の枠になります。道路状況や緊急対応等で時間は前後いたします。

【17:00】申し送り

午後の患者様の申し送りを行った後は、自身の作成されたカルテの精査や「居宅療養管理指導」となる介護者やケアマネージャーに対する情報提供の記載、主治医意見書の記載、各指示書等の記載をお願いしております。

終業(18:00)

常勤医師の当直体制

 常勤医師は、月に1度は週末の当直を担当して頂いております。院長を含む4名の常勤医師がおりますので、4名で週末の当直体制をシフト管理することで、在宅医療の要でもあり、新たに始めたい医師の壁でもある24時間365日の体制を整えております。このシフト管理を整えることで、忙しい医師のプライベートを確保することが出来るのです。

 当直時は基本的に「担当医師お一人で訪問、対応して頂くことになります」が、入職後の約3ヶ月ほどは医療アシスタントが当直時に同行いたしますのでご安心下さい。

当直イメージは、下図のように、金曜日が出勤である先生であれば、金曜日の就業後から緊急電話を所持し、そのまま当直待機体制に入って頂きます。クリニックまで30~40分圏内にお住まいの先生でしたら、ご自宅での待機になります。そして、月曜日の午前中に訪問ルートがある先生は、月曜日のお昼までの勤務となり、午後は休診となります。

休憩はこちらで

【南河原公園】

川崎駅付近の中では比較的大きな公園です。近隣の子供たちや御老人、ランニングを楽しんでいる方々も多くいらっしゃいます。昼休みにふらっと立ち寄ると、気分もリフレッシュできます。

【南河原銀座ハッピーロード】

JR川崎駅から当院までの間にある商店街です。昼の休憩時間で外食されるのであれば、この商店街が近くて良いです。老舗から若い世代に好まれるような店もあり、和洋様々な飲食店が並んでいます。全店制覇も出来るかも?

【ラゾーナ川崎プラザ】

JR川崎駅に併設、当院よりおよそ10分ほど歩いたところにある大型商業施設です。休憩中の利用よりも、当院での勤務を終えられた先生がお帰りの際に利用されていることが多いようです。

ご応募を検討される医師へ

~ 診るのは患者様の身体と生活環境 ~

訪問診療は普段患者様が生活しているフィールドへ私達医療が入っていきます。それは患者様の身体を診るだけではなく、患者様の生活環境にも目を向けることができる状況でもあります。病院のように医療環境の整った場所ではない在宅で患者様の療養環境を維持していくためにも、環境の把握はとても重要です。訪問診療を行う医師には、医師としての枠組みでの考え方のみならず、自由な発想で想像力や実行力を発揮して頂きたいと当クリニックは考えております。


~ 積極的な往診意識 ~

患者様やご家族様が往診(定期的な訪問以外のご利用者様の要請に対しお応えする訪問診療)を希望される要因の多くは「不安」です。大半の患者様やご家族様は、在宅での療養生活に不安を抱えています。不安は、電話だけで解消できる場合もありますが「実際に医師や看護師が患家に行き、患者様を診た」という事実が一番の解消方法です。訪問診療を行う医師は、往診意識は高く、患者様の不安を取り除くことに理解が持てる方を重宝致します。

ページトップへ