メディア関係


当院理事長も一部参画しております

日本医事新報社 様 発信の書籍


疾病管理・運営・法的問題まですべてわかる

在宅医療マネジメントQ&A【電子版付】

『在宅医療とは?』『介護家族による医療的行為とは?』といった基本事項から『主治医意見書の書き方』や『転倒への対応』など、在宅医療を取り巻く情報がまとまっています。

在宅医療支援サイト

「homedi」ホメディ 

病気になっても住み慣れたところで暮らしたい

住み慣れたところで療養する家族を支えたい

『医療保険や介護保険など在宅に関する情報が載っております。当院をご検討の方は、ご一読されるとより一層理解が深まるものと思われます』

http://homedi.eisai.jp/consumers/

後方支援連携病院 一覧

『24時間・365日「断らない救急」を実践しております。』


『地域に根差した医療を目指して。』


『確かな技術と あたたかさで 信頼される 医療を こころをこめて 提供します。』


医療法人社団 和光会 総合川崎臨港病院

http://rinko.or.jp/

『ともに生きよう。100年病院』


川崎市立 川崎病院

http://www.city.kawasaki.jp/32/cmsfiles/contents/0000037/37856/kawasaki/index.html

『川崎病院は地域の皆様の健康と福祉の向上に貢献することを目指します』


医療法人愛仁会 太田総合病院

http://www.ota-g-hospital.com/


『「医は心」明るく、思いやりにあふれた、何よりも人間性を重視した患者さん中心の医療を目指します。

そして、地域の皆さんの価値ある健康を守るために邁進します。』


医療法人 平和会 平和病院

http://www.heiwakai.com/index.html

『患者様にとって、いつも優しく、誠実であること』


『質の高い地域医療から高度先進医療まで幅の広い医療の提供』

後方支援連携歯科 一覧

『患者様に安心して治療を受けていただけるように「一人一人の患者様に最適な治療を行う」ことを目指し、インフォームドコンセント(説明と同意)に重点を置き地域の皆様の健康に少しでもお役にたてるような歯科医院として努力いたします。


在宅医療(訪問診療の概要)を理解する

① 訪問診療とは

「いつもこの時期に来る○○さん。調子が悪くて来れないみたいだから、お昼休みに診に行ってくるよ」


 お医者さんが、気になる患者様のお宅へ訪問し、状況を確認しに行く行為が訪問診療の原点です。現在でも、そのような対応をされているお医者さんもおりますが、沢山の患者様を抱える病院では「ちょっと行ってくるよ」がなかなか出来ません。


病院も昔のように長い間入院出来るような環境では無くなってきています。」


 最近は「落ち着てきたから退院しましょう」と、患者様やご家族様の視点からみると「追い出された」「もう少し入院してくれていた方が安心出来たのに」と思われる方もいらっしゃいます。そのような現状に対し、新たな受け皿として在宅医療を専門に行う診療所は今後も増えていくと思われます。


訪問診療とは

通院が困難な患者様と契約をし、患者様がいらっしゃる場所へ訪問し診察することを許可された診療所」としてその地域を駆け回り、患者様の療養環境を維持するための医療サービスのことを言います。

詳しくは「在宅療養支援診療所とは」ページをご確認ください。

② 医療相談員の役割

【病院に在籍している医療相談員】

急なケガや病気で入院した患者様の不安や困りごとの相談にのり、必要な支援を致します。患者様の不安は経済的な問題から心理的な問題まで多岐に渡ります。


【当院に在籍している医療相談員】

在宅医療を初めて利用するという患者様に対し、患者様の元へ伺い、当院の概要からご説明致します。患者様やご家族様には下記内容についてご説明と聞き取りを致します。

・当院のご紹介(在宅医療の仕組み/ご料金/医師紹介 等)

・患者様、ご家族様の情報(これまでの病歴、生活環境、情報連携方法 等)

在宅医療を開始するには、情報整備と環境構築が重要です。相談員は、その在宅医療環境を構築するための動きに特化した立ち回りを致します。

そのほか、既に当院の訪問診療をご利用されてる患者様が、検査のため病院へ行く必要が出た際などの病院との各種調整を行うなど、在宅で患者様が療養生活を続けるためのオールラウンドな立ち回りも医療相談員の勤めになります。

詳しくは「医療相談員」ページをご確認ください。

③ 医師の訪問

 医療相談員により情報を集め、初めての診察(初診)日を決めて行きます。医師は患者様のいらっしゃる場所(患家)へ伺います。訪問した際に医師が行う行為は、患者様の状況に合わせ、随時臨機応変に行っておりますが、一部内容は下記のようになります。


当院の医師は「医師ご紹介」ページをご確認ください。

~ 訪問先での医師の行動 ~
視聴打診・触診バイタル測定
患者様・ご家族様への問診健康相談
薬剤の処方採血・検体採取・点滴等処置
検査結果説明患者様・ご家族様等への症状説明
訪問看護ステーションに関する指示居宅介護支援事業所との連携

④ 訪問のサイクル

  基本的に月に2回の訪問を推奨し、ご案内しております 】


月に2回の訪問を推奨しておりますのは「緊急往診などの往診が必要となった際に、極力新しい情報を把握できている状態が望ましいため」の間隔でもあります。

在宅は病院とは違い、すぐに行える検査や画像判断などが難しい場合もあるため、病状把握の為の動きには医師診察の間隔は重要です。搬送となってしまった際、搬送先医療機関への情報提供を行いますが、この時の患者様の病状経過や検査結果の送付など、極力最新の情報を送ることが医療の質につながると考えております。

もちろん、患者様、ご家族様の都合もございますので、ご相談の上、訪問回数は月1回から調整も可能です。

⑤ 緊急時の動き

患者様からの診察希望に対し、情報を聞いた医師が訪問し診察する必要があると判断された場合に発生する訪問診療」が往診と呼びます。


医師は月曜日~金曜日まで、予定された患者様への訪問で川崎幸区を中心に地域を廻っております。緊急は、いつ発生するか判らないので、数名いる常勤医師が、定期の訪問で同じ方面(地区)へ極力向かわないようにルートを構築し、日中発生する往診に対し臨機応変に動けるように努めております。そのため「いつも診てくれている先生に来てほしい」という希望が、対応できない場合もございますので、ご了承願います。

⑥ 連携体制

【患者様を支えるサービス】 

・介護関係

ケアマネジャー / 通所介護(デイサービス) / 訪問介護 / 訪問入浴  等

在宅で療養生活を送るにあたり、介護の側面はケアマネジャーを中心に各種介護サービスが提案(構築)されます。ここに医療情報が加わることにより、患者様にとってより適切なサービス提供に繋がりますので、連携は必須と言えます。


・医療関係

在宅酸素 / 訪問薬局 / 訪問マッサージ(リハビリ) / 画像検査 等

訪問診療はもちろんのことですが、患者様の病状に対し医学的な判断と、生活環境を考慮した結果から必要な医療サービスを提供致します。通院困難な事例に対し、ご自宅で行うX線検査(レントゲン)を依頼することも最近では可能となっております。


【 より良い療養生活には医療と介護の包括的支援が必要です 】

⑦ 料金について

 病状や保険証の種類によりご料金に違いがございますが、大まかには下記の例の通りです。

例①

【80歳 後期高齢者医療被保険者症 1割負担の方】腰椎圧迫骨折等、日常生活動作の低下により通院困難な方

定期訪問診療 月2回 約6,500円(院外処方の為、別途薬剤費がかかります)

例②

【85歳 後期高齢者医療被保険者証 3割負担の方】認知症、骨粗鬆症等、状態管理が必要な方

定期訪問診療 月2回 約20,000円(院外処方の為、別途薬剤費がかかります)

いずれも介護保険(ケアマネジャー)をご利用されている場合、居宅療養管理指導料として別途約584円かかります。


料金は健康保険法により詳細に定められております。

非常に複雑ではございますがご利用料金ページに基本となる金額等を載せておりますので、ご確認願います。

⑧ 川崎市幸区の訪問診療

【 あいホームケアクリニックの訪問診療 】


当院の特徴として、日々の健康管理から専門性の必要な領域、お看取りまでを対応するために、全身管理につながる循環器内科が専門の理事長をはじめ、標榜として内科・泌尿器科・呼吸器内科・リウマチ科・精神科・皮膚科と専門の医師が多く所属しております。多くの情報を取りまとめるために、電子カルテを用いた医師のカンファレンスを毎日行い、常に患者様の情報を共有し、最新化を図っております。

川崎市幸区を中心に展開する当院は、地域に根ざした医療サービスを提供致します


「うちは訪問範囲だろうか?」

「母がこのような状態なのですが、訪問は可能でしょうか?その場合、おいくらですか?」

「施設の訪問は出来ますか?」

など、疑問点やご質問がございましたら、「よくある質問」をご確認頂くか、当ホームページの「お問合せ」をご利用ください。


ご利用を決められた方はご利用開始までの手続き」へお進みください