メディア関係


当院理事長も一部参画しております

日本医事新報社 様 発信の書籍


疾病管理・運営・法的問題まですべてわかる

在宅医療マネジメントQ&A【電子版付】

『在宅医療とは?』『介護家族による医療的行為とは?』といった基本事項から『主治医意見書の書き方』や『転倒への対応』など、在宅医療を取り巻く情報がまとまっています。

在宅医療支援サイト

「homedi」ホメディ 

病気になっても住み慣れたところで暮らしたい

住み慣れたところで療養する家族を支えたい

『医療保険や介護保険など在宅に関する情報が載っております。当院をご検討の方は、ご一読されるとより一層理解が深まるものと思われます』

http://homedi.eisai.jp/consumers/

後方支援連携病院 一覧

『24時間・365日「断らない救急」を実践しております。』


『地域に根差した医療を目指して。』


『確かな技術と あたたかさで 信頼される 医療を こころをこめて 提供します。』


医療法人社団 和光会 総合川崎臨港病院

http://rinko.or.jp/

『ともに生きよう。100年病院』


川崎市立 川崎病院

http://www.city.kawasaki.jp/32/cmsfiles/contents/0000037/37856/kawasaki/index.html

『川崎病院は地域の皆様の健康と福祉の向上に貢献することを目指します』


医療法人愛仁会 太田総合病院

http://www.ota-g-hospital.com/


『「医は心」明るく、思いやりにあふれた、何よりも人間性を重視した患者さん中心の医療を目指します。

そして、地域の皆さんの価値ある健康を守るために邁進します。』


医療法人 平和会 平和病院

http://www.heiwakai.com/index.html

『患者様にとって、いつも優しく、誠実であること』


『質の高い地域医療から高度先進医療まで幅の広い医療の提供』

後方支援連携歯科 一覧

『患者様に安心して治療を受けていただけるように「一人一人の患者様に最適な治療を行う」ことを目指し、インフォームドコンセント(説明と同意)に重点を置き地域の皆様の健康に少しでもお役にたてるような歯科医院として努力いたします。

2020/5/25 緊急事態宣言の解除について

2020/4/7に発令された緊急事態宣言から、当院が訪問で回っている地域も2020/5/25に緊急事態宣言の解除となりました。ですが、新型コロナウイルスは、その感染力の強さから第2波、第3波も予想されるため、気を緩めることなく、引き続き警戒をしていく必要があります。

地域への医療サービスの質を落とさずに、訪問診療を継続していくこととして、自粛期間中に実施していた感染予防対策は引き続き実施し通常の訪問診療サイクルを6月1日から再開させて頂く事と致しました。

尚、今後は訪問地域での新型コロナウイルスの罹患者数を勘案、保健所からの指導に従い緊急事態宣言の発令時のような、下記体制を再度ご協力頂く事も十分にあり得る状況ではございますので、引き続きご理解ご協力をお願い申し上げます。

新型コロナウイルスに関して

緊急事態宣言の発令を受けて、当院の訪問診療・訪問看護・訪問介護(ケアマネ訪問)は、新型コロナウイルスに対し下記のような対応(基本的に接触回数を減らす方針)を取らせて頂いております。

これは、当院に十分な防護体制が整っていないためとなります。

尚、外来機能は最小限とさせて頂いておりますので、外来での新型コロナウイルスに対する対応は致しかねます。

ご理解、ご協力をお願い申し上げます。

↑ 各ページをご確認ください。 ↑

【 上記対応で発生した処方箋について 】

訪問服薬をご利用されている方は、クリニックから薬局へFAXを送信致します。お薬は翌日、翌々日にはお手元に届きますので、到着までお待ちくださいませ。

診察時に処方箋をお渡ししている方は、お知らせの用紙などともに処方箋を封筒に入れて、当日中にお届けに伺います。接触を避けるため、場合によりポスト投函をさせて頂くこともございます。

尚、お届けに関し発生している交通費に関しては、請求しておりません。

新型コロナウイルスのお問合せ先について

当院をご利用いただいている患者さま、ご家族様に下記連絡先をお知らせ致します。

様々な状況が考えられますので、下図より該当する部分が無いかをお確かめください。

ご不明点があれば、当院にご相談頂くか、直接お知らせの連絡先にご連絡頂いても構いません。

(市などの相談窓口へご連絡された際は、その後の対応を当院までお知らせ頂きたく存じます)

パターン 1

緊急事態宣言が発令され感染者数も増加している現状、下記のような疑われる症状が顕著であった場合は、直接相談センターにご相談して頂き、感染症専門の外来機関を受診して頂くのが良いと思われます。

相談センターにご連絡された後、結果を当院までご連絡頂ければと存じます。

パターン 2

 当院の患者さまのようなご高齢の方や基礎疾患がある方、その他、ご家族さまや介護者さまは、発病から経過をみて頂く期間が違います。ご家族さまは、お互いの状況をしっかりと把握し、人にうつさないよう心がけましょう。ご家族さまは、生活を共にするので「濃厚接触者」となる可能性が高くなります。

【 濃厚接触者とは 】

患者さまが発病した日の2日前から接触した者のうち、次の範囲に該当する者である。

 ・ 患者と同居あるいは長時間の接触(車内、航空機内等を含む)があった者

 ・ 適切な感染防護無しに患者を診察、看護若しくは介護していた者 

・ 患者の気道分泌液もしくは体液等の汚染物質に直接触れた可能性が高い者 

・ その他: 手で触れることが可能な距離(目安として 1メートル)で、マスクなどの必要な感染予防策なしで、15分以上患者さまと接触があった者(患者の症状などから患者の感染性を総合的に判断する)。


定義としては上記の通りとなります。

パターン 3

 急に「におい」や「あじ」の異常を感じるようになった場合には、新型コロナウイルス感染症であったときに、周囲の人に感染を拡大する可能性があります。そのような症状が自覚できた場合は、2週間は可能な限り不要不急の外出を控えるようお願いいたします。その間、医療機関への受診もお控え頂き、体温を毎日測定、手洗いをこまめに行うようにしましょう。人と接する際はマスク着用で行うようにしてください。

味覚・嗅覚障害は自然に治ることが多い症状ですので、様子を見るようにしましょう。しかし、2週間以上経っても他の症状もなく、味覚・嗅覚障害が改善しない場合は、耳鼻咽喉科への受診が必要になる場合もございます。

その他、自覚症状があまりなく、突如症状が現れる方もいらっしゃいます。

基礎疾患に下記症状が無い方で、倦怠感(だるさ)や呼吸苦などが顕著であった際は、直ちに相談センターまでご連絡ください。

パターン 4

患者さまの自覚、その他、介護者さまからの視点で下記症状などに対し不安や心配がある方は、一般的な相談窓口がございます。当院への連絡でも構いませんが、行政への確認として下記窓口もご参照ください。



以上、主に当院とご契約をされた患者さま・ご家族様へ向けたお知らせでございます。

さまざまなケースが考えられますが、上記事項以外でも確認されたいこと、ご心配なことがございましたら、一度当院までご相談ください。


【 あいホームケアクリニック 】

TEL:044-543-5556 / FAX:044-543-5568

※平日9:00~18:00 (土日祝は緊急コール、もしくは留守番電話にメッセージを残してください)