メディア関係


当院理事長も一部参画しております

日本医事新報社 様 発信の書籍


疾病管理・運営・法的問題まですべてわかる

在宅医療マネジメントQ&A【電子版付】

『在宅医療とは?』『介護家族による医療的行為とは?』といった基本事項から『主治医意見書の書き方』や『転倒への対応』など、在宅医療を取り巻く情報がまとまっています。

在宅医療支援サイト

「homedi」ホメディ 

病気になっても住み慣れたところで暮らしたい

住み慣れたところで療養する家族を支えたい

『医療保険や介護保険など在宅に関する情報が載っております。当院をご検討の方は、ご一読されるとより一層理解が深まるものと思われます』

http://homedi.eisai.jp/consumers/

後方支援連携病院 一覧

『24時間・365日「断らない救急」を実践しております。』


『地域に根差した医療を目指して。』


『確かな技術と あたたかさで 信頼される 医療を こころをこめて 提供します。』


医療法人社団 和光会 総合川崎臨港病院

http://rinko.or.jp/

『ともに生きよう。100年病院』


川崎市立 川崎病院

http://www.city.kawasaki.jp/32/cmsfiles/contents/0000037/37856/kawasaki/index.html

『川崎病院は地域の皆様の健康と福祉の向上に貢献することを目指します』


医療法人愛仁会 太田総合病院

http://www.ota-g-hospital.com/


『「医は心」明るく、思いやりにあふれた、何よりも人間性を重視した患者さん中心の医療を目指します。

そして、地域の皆さんの価値ある健康を守るために邁進します。』


医療法人 平和会 平和病院

http://www.heiwakai.com/index.html

『患者様にとって、いつも優しく、誠実であること』


『質の高い地域医療から高度先進医療まで幅の広い医療の提供』

後方支援連携歯科 一覧

『患者様に安心して治療を受けていただけるように「一人一人の患者様に最適な治療を行う」ことを目指し、インフォームドコンセント(説明と同意)に重点を置き地域の皆様の健康に少しでもお役にたてるような歯科医院として努力いたします。

医療アシスタントの仕事

 在宅医療に携わる医療アシスタント。その仕事内容は多岐に渡ります。

下記がその一部になりますが、ご紹介したいと思います。

患者さまの元へ医師をお連れするドライバー

 【 定期訪問により診察を行う患者様の元へ医師をお連れするドライバー業務を行います 】

【 患者さまのお宅へは月に2回の訪問が基本。毎日出動!※土日祝は医師の往診対応のみ 】

【 往診はいつ発生するか分かりません。緊急の際は近くを廻っている当院の医師で対応することも! 】

患者さまのお宅に到着、医療アシスタントの仕事

【 診察では、医療アシスタントのバイタル測定(体温/血圧/脈拍/酸素飽和濃度)を行います 】

【 採血や点滴、各種検査機器などの準備を、医師の指示のもと行います 】

【 患者さま、介護者さまとのコミュニケーションを大事にしております 】


 【 コミュニケーションが大事な理由 】 

 診察中の医師の補助には”訪問日の調整”、”必要書類のお渡し”、”医師の発行された処方箋のお渡し”などを行いますが、こういった動きの中でも忘れずに意識しておりますのは「患者さまの思いを汲み取ること」です。

 在宅療養中の患者さま・介護者さまには「不安」を中心とした様々な思いが生まれます。もちろん、医師も診察の中でそういった思いを汲み取り診察を行いますが、医療アシスタントの立場から見る「第三者視点」は、医師とは違う視点でその不安を察知することもあります。

『患者さまの思い』を理解しつつ『必要な医療』を提供するためには「患者さまの人生・介護者さまの人生に寄り添うこと」が大切と考えます。コミュニケーションを通じて感じた『患者さまの思い』を医療に活かし、よりよい療養生活を送って頂く為に、医療アシスタントの仕事は在宅医療の中でも医療の質を上げることが出来る大きな役割を担っております。

クリニックでは何をするの?

患者さまに係る様々な情報(駐車位置や立ち回り上の注意など)を共有致します。

訪問予定は患者さまの・介護者さまのご都合を伺い、調整しております。

現場で使用する物品や機器などを管理して、診察が滞りなく行えるようにしております。


「真摯に在宅医療に対し向き合う気持ちがある」「介護業界におり、医療に対する興味が強い」

「やりがいを感じたい方」「とにかく、人の役に立つ仕事がしたい!」

などの想いを持つ職員によって支えられている部門になります。

紹介した仕事内容は一部ですが、他にも様々な業務に携わることが可能な職種です。

『 医療アシスタントは医療の中でも新しい立ち位置で患者さま(介護者さま)を支える存在です 』

医療アシスタントの紹介

名前:與儀 まどか(よぎ まどか)

職種:アシスタントリーダー/救急救命士

「男性の多い環境ではありますが、女性ならではの気遣いや雰囲気づくりで患者様と向き合って行きたいと思います。」

名前:渡邊 方太(わたなべ まさたか)

職種:医療アシスタント

「患者さま、ご家族さまに対し誠実にお付き合いをしてまいりたいと思います。」

名前:青木 翔(あおき しょう)

職種:医療アシスタント/救急救命士

「患者様の訪問予定調整を携わるようになりました。様々な状況に素早く対応出来るように、常に最新の情報を頭にいれて、活躍していきたいと思います。」

名前:中村 真祐(なかむら しんすけ)

職種:医療相談員 / 医療アシスタント

「相談員のみならず、アシスタントとして現場に赴くこともあります。ご心配なことがあれば、いつでも構いません。ご相談ください!」

名前:津端 隆志(つばた たかし)

職種:医療アシスタント / 救急救命士

「患者様・ご家族様との関わりを大切にして参ります。いつも優しく元気よく医療アシスタントとして、皆様と向き合っていきます。よろしくお願い致します。」

名前:田中 純(たなか じゅん)

職種:医療アシスタント

「患者様、ご家族様に誠実に向き合い信頼されるアシスタントを目指して日々精進します。よろしくお願いします。


現職者コラム ~在宅医療を支えるアシスタントとして~

 2013年、当時システムエンジニアとして業務に勤しんでいた私は、自身の勤め先である事業所が解散されるといったタイミングから、転職も視野に入れつつ、漠然と求人情報に目を通してました。

システムエンジニアという仕事柄、あまり陽の光を浴びるような日々では無かったため、ただただ漠然と「外に出る仕事がしたいな」という考えと、ドライブが趣味であったことから「仕事でも車を運転したいな」ということで、営業職や配送業などを中心に調べていました。

その中で、ひときわ情報の少ない求人として「訪問ドライバー」という職種を発見。

業務内容は「医師を患者様のご自宅へお連れする仕事です」という記載のみ。


「この仕事は、どんな仕事なのだろう?」という思いから興味本位で応募をした私は、程なく書類選考を通過し、マンションの一室にある小さなクリニックで面接を受けました。


面接では院長先生と当時のアシスタントの方が対応され、私は求人情報には記載されていなかった仕事内容について、いくつかの質問し、医療アシスタントの業務内容を面接の場で漠然と理解。ここでは私の心境に大きな変化はなく、業務内容を知れたという満足感から「まぁ、知りたかっただけだし、面接には落ちてもいいかな」との思いから、ふと疑問に思った点を失礼ながら投げかけました。


「ホームページの情報から、院長先生は川崎のご出身では無いように見受けられますが、何故故郷の地では無く、川崎という土地で訪問診療をされているのでしょうか」


「 私は川崎の病院で、医師として大きく成長をさせてもらったから、この土地で恩返しをしたい 」


 面接も終わり「こういった仕事もあるのだな」と帰路についている中で、ふと自身のこれまで仕事に向けてきた思いの中で、義理人情から勤務地を選ぶようなことはしなかったと、院長先生の医療にかける思いに対し大いに感銘を受けたと同時に、医療に対し興味を抱きました。


その翌日、採用の電話が入り、予想以上に早い結果のお知らせに戸惑いつつも、他にやりたいことも見つからない中であったので、思い切って転職を決断。


年齢を考えると、当時の私は最後の転職と覚悟して決めたことでもあり、入職してからは、とにかく必死に業務を覚えました。早朝から深夜まで業務を通した勉強の日々でしたが、必死で業務を覚える私に応えるように、医師、看護師、先輩アシスタントが指導してくださったことには、今でも感謝しかありません。


試用期間を終える頃、患者様から「あなたはとても暖かい雰囲気を持った、いいお顔をしているわね」「来てくれてありがとうね」と言われたときには、とても嬉しく思いました。次の患者様のもとへ向かう最中、車内で院長先生から「医療って楽しいだろ?」と必死になっている自分に声をかけてくださった時、少しずつ業務が出来るようになってきていた自分にはとても納得が出来る言葉でした。


現在、私は事務長という立場にあります。人事に携わり、医療アシスタントを採用する立場となった私は、自身の経験から求職者に対して「決して楽ではない」ことを惜しみなく伝えます。

資格職の多い医療の中に、無資格のアシスタントが活躍するには、それ相応の努力と覚悟と結果が必要になるからです。

そのような中で努力した方には、患者様やご家族様対し、こちらから与えることが出来る元気を、逆に患者様やご家族様から貰えることもある現場の楽しさも得られることをも伝えています。


「人の役に立つ仕事がしたい!」「医療業界に飛び込みたい!」という仕事に対する意義を重視した仕事であるので、ただただ業務をクリアするのではなく、業務を通して人としての成長も実感出来る仕事が「医療アシスタント」であると思います。その点に共感できる方が入職された際には、私がそうであったように、全力で応えたいと思います。


現在、医療アシスタントの求人が公開されているかはわかりませんが、もし興味をお持ちの方がいらっしゃいましたら、一度お問合せくださいませ。


事務長 兼 医療アシスタント 坂口 景亮(2015/06/30)