メディア関係


当院理事長も一部参画しております

日本医事新報社 様 発信の書籍


疾病管理・運営・法的問題まですべてわかる

在宅医療マネジメントQ&A【電子版付】

『在宅医療とは?』『介護家族による医療的行為とは?』といった基本事項から『主治医意見書の書き方』や『転倒への対応』など、在宅医療を取り巻く情報がまとまっています。

在宅医療支援サイト

「homedi」ホメディ 

病気になっても住み慣れたところで暮らしたい

住み慣れたところで療養する家族を支えたい

『医療保険や介護保険など在宅に関する情報が載っております。当院をご検討の方は、ご一読されるとより一層理解が深まるものと思われます』

http://homedi.eisai.jp/consumers/

後方支援連携病院 一覧

『24時間・365日「断らない救急」を実践しております。』


『地域に根差した医療を目指して。』


『確かな技術と あたたかさで 信頼される 医療を こころをこめて 提供します。』


医療法人社団 和光会 総合川崎臨港病院

http://rinko.or.jp/

『ともに生きよう。100年病院』


川崎市立 川崎病院

http://www.city.kawasaki.jp/32/cmsfiles/contents/0000037/37856/kawasaki/index.html

『川崎病院は地域の皆様の健康と福祉の向上に貢献することを目指します』


医療法人愛仁会 太田総合病院

http://www.ota-g-hospital.com/


『「医は心」明るく、思いやりにあふれた、何よりも人間性を重視した患者さん中心の医療を目指します。

そして、地域の皆さんの価値ある健康を守るために邁進します。』


医療法人 平和会 平和病院

http://www.heiwakai.com/index.html

『患者様にとって、いつも優しく、誠実であること』


『質の高い地域医療から高度先進医療まで幅の広い医療の提供』

後方支援連携歯科 一覧

『患者様に安心して治療を受けていただけるように「一人一人の患者様に最適な治療を行う」ことを目指し、インフォームドコンセント(説明と同意)に重点を置き地域の皆様の健康に少しでもお役にたてるような歯科医院として努力いたします。


ご利用料金

当院の料金システムは30年4月より改正された健康保険法に則り、ご請求をさせていただいております。改正によりご料金が非常に細分化されておりまして、患者様がお住まいの建物や疾患によって、ご料金が変動致します。

料金表を掲載いたしますが、不明点に関しましては「お問い合せ」よりご連絡願います。

 基本診療料金表(2018年度改訂版)

 ご自宅で診察を受ける患者様 ※居宅療養管理指導費は含まれておりません

在宅時医学総合管理料(医療保険)

在宅の患者様における医学総合管理料である「在宅時医学総合管理料」について、点数(負担額)が変更となっております。また一定の状態にある患者については、「包括的支援加算」として新たな点数(負担額)が設定されました。(括弧内の点数は前回の点数です)

 施設で診察を受ける患者様 ※居宅療養管理指導費は含まれておりません

施設入居時等医学総合管理料(医療保険)

施設に入居されている患者様における医学総合管理料である「施設入居時等医学総合管理料」について、点数(負担額)が変更となっております。(括弧内の点数は前回の点数です)

用語解説

用 語内 容
※1
厚生労働大臣が定める
状態の方
(別に定める状態の患者)

記載の疾患等に罹患している状態の方: 末期の悪性腫瘍、スモン、難病の患者に対する医療等に関する法律に規定する指定難病、後天性免疫不全症候群、脊髄損傷、真皮を超える褥瘡  

記載の処置等を実施している状態の方:  人工呼吸器の使用、気管切開の管理、気管カニューレの使用、ドレーンチューブ又は留置カテーテルの使用、人工肛門・人工膀胱の管理、在宅自己腹膜灌流の実施、在宅血液透析の実施、酸素療法の実施、在宅中心静脈栄養法の実施、在宅成分栄養経管栄養法の実施、在宅自己導尿の実施、植込み型脳・脊髄電気刺激装置による疼痛管理、携帯型精密輸液ポンプによるプロスタグランジンI2製剤の投与  

上記に当てはまる患者様が対象となり、在宅での医療的な管理がより必要な患者様であるため、点数が高く設定されております。

※2

一定の状態にある患者

(別に定める状態の患者は対象外)

要介護2以上に相当する患者

認知症高齢者の日常生活自立度でランクb 以上の患者

月4回以上の訪問看護を受ける患者

訪問診療時又は訪問看護時に処置(簡単な処置を除く)を行っている者

特定施設等の入居者の場合、医師の指示を受け、看護師がたんの吸引、胃ろう・腸ろうの管理等

を行っている患者

その他、関係機関等との連携のために特に重点的な支援が必要な患者

上記状態の方に対し「包括的支援加算」が算定されます。

在宅時医学総合管理料

在医総管

在宅医療の基本となる料金です。定期的な診察による日々の健康管理はもちろんですが、緊急時は24時間365日の対応する為の体制を確保、維持する為の費用などが含まれています。


施設入居時等医学総合管理料

施設総管

施設に入居されている方の基本となる料金です。在宅同様、施設に定期的な診察による日々の健康管理を行い、緊急時は24時間365日の対応する為の体制を確保、維持する為の費用などが含まれています。入居されている施設の種別(有料老人ホームやグループホーム等)により料金が変動致します。詳しくはお問い合わせよりご確認願います。

緩和ケア充実診療所加算

当院は在宅でのお看取り(緩和ケア)などを積極的に行なっております。年間で緊急往診やお看取り実績件数、緩和ケアに従事する医師の配置等の国の定める条件を満たしている診療所に対し、診療料に加算されるものになります。

包括的支援加算

上記「一定の状態にある患者」に対し、療養生活を維持するために定期的な訪問診療を実施している診療所に対し加算される料金です。

訪問診療料

医師が患者様のいる場所へ計画的に予定された日に訪問した際に発生する料金です。

同一建物居住者以外は:833円

同一建物居住者の場合は:203円 

居宅療養管理指導料

在宅医療を利用されている患者様に対し、日々訪問に訪れる医師より、医学的観点からの介護者(ご家族様)や担当ケアマネージャーへ情報提供や、指導、管理を行なうための料金です。こちらは、医療保険での請求ではなく介護保険での請求であり、1回に294円で月に2回までの計上となります。

訪問する建物に当院で診ている患者さんのいる人数によって金額が変わります。

1人の場合:294円

2~9人の場合:284円

10人以上の場合:260円

よって介護保険からの毎月の請求は260円~588円ほどになります。

ご料金について

上記の表以外に、採血、点滴、注射等の医療処置や予定ではない日に患者様の訴えに対し診察(往診)を行なった場合などにより金額は変動いたします。予めご了承頂きたく存じます。

ご料金は患者様が加入されている健康保険等の負担割合に応じてお支払いいただきます。


例として上記のを参考に次のような条件の方が診察を受けられた場合

・”別に定める状態の患者”では無い方

・医療保険の負担割合が1割負担の方

・訪問する建物に当院の患者様がお1人しかいない場合

・月に2回の定期的な訪問診療


計算方法は下記のようになります。

■在医総管+緩和ケア充実診療所加算+(訪問診療料×2)+(居宅療養管理指導料×2)

【4100点+400点+(833点×2)+(294点×2)=6,754点 】 約6750円 となります


※点数が発生するタイミングや、訪問時の処置等により点数は総点数が確定します。

※保険点数は10円未満は四捨五入されます。


平成29年8月診療分から上限金額が変更になりました。

6,750円~14,000円(1割の方の自己負担上限金額)程度が目安となります。

(3割負担の方は上限がそれぞれの金額が3倍になります。上限は57,600円です

重度障害者医療制度や特定疾患医療給付制度など各種公的助成も対象となっております。

※交通費は、原則徴収いたしません。


以上のようなご料金になります。ご料金の他、ご相談や事前登録は無料ですので、お気軽に「お問い合わせ」ください。

ページトップへ