吸引器を使用した痰の吸引方法

吸引器の使用目的は、自身の力で痰や唾液などの分泌物を吐きだすことが困難な患者さまに対し口腔内、のど(咽頭、喉頭)、鼻腔、気管、気管支などに溜まっている分泌物を、吸引器などを利用して体外に出すことです。

訪問診療(往診)時に医師、または看護師による吸引行為は可能ですが、日常的に痰が絡んでしまうような患者さまには介護者さまに吸引行為を行ってい頂く必要があります。

ご紹介いたしますのは口腔、鼻腔からの痰吸引の手順になります。

*注意*

あくまで当院とご契約頂いた患者さま・介護者さまに向けた情報です。当院とのご契約のない患者さまに対して、ご紹介の処置の施行は責任を負いかねますので予めご了承ください。

用意するもの

用意するもの

  • 吸引器 ※
  • 吸引カテーテル ※
  • アルコール綿
  • 水道水
  • コップ(またはカテーテルが入るサイズの容器)
  • 手袋(可能であれば標準予防策としてスタンダードプリコーション【手袋/ゴーグル/マスク/エプロン】として自身を防護し吸引を実施します)

※吸引器の圧力は、医師や看護師にご確認ください。

※カテーテルの種類(太さ)については、医師や看護師にご確認ください。

手順

(3)吸引器のチューブと吸引カテーテルを接続する

(1)手を洗う(指の間や手の甲、爪を清潔にする)

(2)手袋をはめる

(3)吸引器本体側のチューブと吸引カテーテルを接続する

(接続が外れないように奥までしっかりと挿入)

(4)吸引器の電源を入れる 

(4)吸引器の電源を入れる
(4)吸引器の電源を入れる

(5)片方の手で吸引カテーテルの根元をおさえる

(吸引器本体の圧力を確認してください)

(6)アルコール綿を使用し、カテーテルの根元から先端まで消毒をする 

(5)片方の手で吸引カテーテルの根元をおさえる
(5)片方の手で吸引カテーテルの根元をおさえる

口腔の場合・・・

(7)口の中から喉元に向かって吸引カテーテルを弧を描くように、半分くらい入れていく

(7)口の中から喉元に向かって吸引カテーテルを弧を描くように、半分くらい入れていく


この際、よく吸引カテーテルを噛んでしまったり、舌でカテーテルを押しのけてしまったり、患者様の状態によって拒否がでることがあります。

よく口の中を覗き込んで、カテーテルを取り扱いましょう。

(8)半分くらい入ったところで、吸引カテーテルの根元を押さえている指を離して、痰の吸引をおこなっていく  (9)吸引カテーテルをゆっくり動かしながら引き抜いていく(鼻も、口も喉元へ向かうには弧を描いている形になっています)  (10)数回繰り返し、痰を吸引する

(8)半分くらい入ったところ(このとき先端は咽頭付近まで届いています)、吸引カテーテルの根元を押さえている指を離して、痰の吸引をおこないます。


(9)吸引カテーテルをゆっくり動かしながら引き抜いていく(鼻も、口も喉元へ向かうには弧を描いている形になっています)


(10)1度に行う吸引は数十秒程度に抑えて、数回繰り返し痰を吸引します

ページトップへ

鼻腔の場合・・・

(7)鼻から吸引カテーテルを弧を描くように2/3程度のところまで入れる

(7)鼻から吸引カテーテルを弧を描くように2/3程度のところまで入れる
(7)鼻から吸引カテーテルを弧を描くように2/3程度のところまで入れる

(8)2/3程度入ったところで、吸引カテーテルの根元を押さえている指を離して、痰の吸引をおこなっていく 

(8)2/3程度入ったところで、吸引カテーテルの根元を押さえている指を離して、痰の吸引をおこなっていく
(8)2/3程度入ったところで、吸引カテーテルの根元を押さえている指を離して、痰の吸引をおこなっていく

(9)吸引カテーテルをゆっくり動かしながら引き抜いていく

(10)数回繰り返し、痰を吸引する(1度の痰吸引は数十秒程度に抑える)

(11)吸引が終わったら、アルコール綿で吸引カテーテルを拭く

(11)吸引開始前同様に吸引が終わったら、吸引カテーテルを根元からアルコール綿で拭く。

(12)吸引カテーテルと吸引チューブの中についた痰を洗い流すために、コップの水を吸引し流し通します

(13)吸引カテーテルを外して吸引チューブの先端は機械の青い筒へ入れる

(14)吸引カテーテルは、水の入ったコップの中へ入れておく

※カテーテルは複数回使用できますが、保管状態により交換頻度は違います。交換目安は「カテーテル内の汚れが落ちなくなり、くすんできたら」交換でよいです。

(12)吸引カテーテルの中についた痰を洗い流すために、コップの水を流し通す (13)吸引カテーテルを外して吸引チューブの先端は機械の青い筒へ入れる (14)吸引カテーテルは、水の入ったコップの中へ入れておく
(12)吸引カテーテルの中についた痰を洗い流すために、コップの水を流し通す (13)吸引カテーテルを外して吸引チューブの先端は機械の青い筒へ入れる (14)吸引カテーテルは、水の入ったコップの中へ入れておく

(15)手袋をはずす

(16)手を洗う

ページトップへ

吸引器の取り扱いについて

吸引ビンを洗う

(1)吸引チューブの接続部分をはずす

(1)吸引チューブの接続部分をはずす

(2)黄色い管がついているところをはずす

(2)黄色い管がついているところをはずす

(3)吸引ビンの蓋をあける

(3)吸引ビンの蓋をあける

(4)吸引ビンに溜まった痰はトイレへ流し捨てる

(5)流したあと、中を洗う

★洗うとき、食器洗い用の洗剤やキッチンハイタ―を使用しても支障はないです

(5)流したあと、中を洗う
(5)流したあと、中を洗う

吸引カテーテルの取扱

(3)吸引ビンの蓋をあける

  • コップの水は使用するたびに新しい水をいれておく

  • ほこり等、気になる場合には上から袋や布をかぶせておく

  • カテーテルは3日に1回は取り換える(ただし、汚れがひどい場合や切れたりした場合にはその都度取り換えましょう)

ページトップへ

メディア関係

在宅医療支援サイト

「homedi」ホメディ 

病気になっても住み慣れたところで暮らしたい

住み慣れたところで療養する家族を支えたい

『医療保険や介護保険など在宅に関する情報が載っております。当院をご検討の方は、ご一読されるとより一層理解が深まるものと思われます』

http://homedi.eisai.jp/consumers/

後方支援連携病院 一覧

『24時間・365日「断らない救急」を実践しております。』


『地域に根差した医療を目指して。』


『確かな技術と あたたかさで 信頼される 医療を こころをこめて 提供します。』


医療法人社団 和光会 総合川崎臨港病院

http://rinko.or.jp/

『ともに生きよう。100年病院』


川崎市立 川崎病院

http://www.city.kawasaki.jp/32/cmsfiles/contents/0000037/37856/kawasaki/index.html

『川崎病院は地域の皆様の健康と福祉の向上に貢献することを目指します』


医療法人愛仁会 太田総合病院

http://www.ota-g-hospital.com/


『「医は心」明るく、思いやりにあふれた、何よりも人間性を重視した患者さん中心の医療を目指します。

そして、地域の皆さんの価値ある健康を守るために邁進します。』


医療法人 平和会 平和病院

http://www.heiwakai.com/index.html

『患者様にとって、いつも優しく、誠実であること』


『質の高い地域医療から高度先進医療まで幅の広い医療の提供』

後方支援連携歯科 一覧

『患者様に安心して治療を受けていただけるように「一人一人の患者様に最適な治療を行う」ことを目指し、インフォームドコンセント(説明と同意)に重点を置き地域の皆様の健康に少しでもお役にたてるような歯科医院として努力いたします。