在宅療養支援診療所とは

在宅療養支援診療所とは

在宅療養支援診療所とは

在宅療養支援診療所とは、自宅療養をされる方のために、その地域で主たる責任をもって診療にあたる診療所のことです。

地方厚生(支)局長に届出て認可される病院・医院の施設基準のひとつとして、あいホームケアクリニックは機能強化型の在宅療養支援診療所として川崎市幸区を中心に訪問診療・往診を行い医療を提供してまいります。

在宅療養支援診療所は、以下の項目を満たすことが要件となっています。


在宅療養支援診療所が満たすべき要件

  • 保険医療機関たる診療所であること
  •  当該診療所において、24時間連絡を受ける医師又は看護職員を配置し、その連絡先を文書で患家に提供していること
  •  当該診療所において、又は他の保険医療機関の保険医との連携により、当該診療所を中心として、患家の求めに応じて、24時間往診が可能な体制を確保し、往診担当医の氏名、担当日等を文書で患家に提供していること
  •  当該診療所において、又は他の保険医療機関、訪問看護ステーション等の看護職員との連携により、患家の求めに応じて、当該診療所の医師の指示に基づき、24時間訪問看護の提供が可能な体制を確保し、訪問看護の担当看護職員の氏名、担当日等を文書で患家に提供していること
  •  当該診療所において、又は他の保険医療機関との連携により他の保険医療機関内において、在宅療養患者の緊急入院を受け入れる体制を確保していること
  •  医療サービスと介護サービスとの連携を担当する介護支援専門員(ケアマネジャー)等と連携していること
  •  当該診療所における在宅看取り数を報告すること

2016年の診療報酬改正による要件の追加

4月より「在宅医療を専門とする在宅療養支援診療所」に下記のような要件が追加されました。

当院は「在宅医療を専門とする在宅療養支援診療所」として追加要件も満たしております。


  • 在宅医療を提供した患者数を、在宅医療及び外来医療を提供した患者の合計数で除した値が9割5分以上であること。⇒ 在宅医療の占める割合が95%以上であること
  • 直近1年間に、5カ所以上の保険医療機関から新規患者の診療情報提供を受けていること。
  • 当該診療所において、過去1年間に在宅における看取りの実績を20件以上有していること又は重症小児の十分な診療実績が過去1年間に10件以上)を有していること。
  • 直近1ヵ月の施設入居時等医学総合管理料の算定件数が、施設入居時等医学総合管理料及び在宅時医学総合管理料の合計算定件数で除して7割以下であること。
  • 直近1ヵ月に在宅時医学総合管理料又は施設入居時等医学総合管理料算定患者のうち、「要介護3」以上又は当該管理料の「重症患者」に該当する者の割合が5割以上であること。

機能強化型(単独・連携)とは

上記内容を満たした在宅療養支援診療所に対し更に以下の要件を満たしている診療所は機能強化型として届出ることができます。

3名以上の常勤医師の在籍

過去1年間の緊急の往診実績5件以上 

過去1年間の看取り実績2件以上


機能強化型にも2種類(単独・連携)ございます。

単独・・・他の診療所との機能連携は図らず、上記条件を診療所単独で満たし、24時間365日連絡のつく体制を整えている診療所のこと。

連携・・・他の在宅療養支援診療所で診られている患者様と当院の患者様の情報を共有し、互いの緊急時に連携し往診へ伺う診療体制を整えた診療所のこと。

あいホームケアクリニックの現状(2016年4月)

4名以上の常勤医師の在籍

・過去1年間の緊急の往診実績00件以上

・過去1年間の看取り実績60件以上

・機能強化型在宅療養支援診療所(連携)届出受理

 ⇒川崎ライフケアクリニック(川崎)/ 医療法人社団 優鱗会 ハートクリニック(鶴見)

・ 緩和ケア充実診療所(2016年4月に新設)届出受理


当院は上記のとおり、機能強化型として必要な要件に加え2016年よりの新たな要件も満たしております。

開院した平成22年より、あいホームケアクリニックは川崎市幸区を中心に訪問診療・往診を行い地域の皆様にご安心して頂けるよう努力して参りました。地域の皆様には、これまで以上の安心・安定の医療をご提供させて頂くこと目標としている当院にとってはこの度の機能強化型は大きな指標、責任となる届出であると考えます。

当院が提携している医療機関(後方支援連携病院)

緊急時の救急搬送先の病院や、介護の面からのレスパイト入院(社会的入院)など、患者様の状態や環境によって、必要とする病院は違ってきます。よって在宅医療を行う診療所は、地域の受け入れを可能とする病院との連携が必要不可欠です。あいホームケアクリニックでは、主に下記に記載する病院と連携を取り、患者様のニーズに応える努力をして参ります。もちろん、患者様のかかりつけである病院との連携を取ることも可能です。

・社会医療法人財団 石心会 川崎幸病院

・医療法人社団こうかん会 日本鋼管病院

・医療法人 明徳会 総合新川橋病院

・医療法人社団 和光会 総合川崎臨港病院

・川崎市立 川崎病院

・医療法人愛仁会 太田総合病院

・医療法人 平和会 平和病院

・医療法人社団 葵会 AOI国際病院

ページ下部、もしくはページ右側にリンクがございます。

ページトップへ

メディア関係

在宅医療支援サイト

「homedi」ホメディ 

病気になっても住み慣れたところで暮らしたい

住み慣れたところで療養する家族を支えたい

『医療保険や介護保険など在宅に関する情報が載っております。当院をご検討の方は、ご一読されるとより一層理解が深まるものと思われます』

http://homedi.eisai.jp/consumers/

後方支援連携病院 一覧

『24時間・365日「断らない救急」を実践しております。』


『地域に根差した医療を目指して。』


『確かな技術と あたたかさで 信頼される 医療を こころをこめて 提供します。』


医療法人社団 和光会 総合川崎臨港病院

http://rinko.or.jp/

『ともに生きよう。100年病院』


川崎市立 川崎病院

http://www.city.kawasaki.jp/32/cmsfiles/contents/0000037/37856/kawasaki/index.html

『川崎病院は地域の皆様の健康と福祉の向上に貢献することを目指します』


医療法人愛仁会 太田総合病院

http://www.ota-g-hospital.com/


『「医は心」明るく、思いやりにあふれた、何よりも人間性を重視した患者さん中心の医療を目指します。

そして、地域の皆さんの価値ある健康を守るために邁進します。』


医療法人 平和会 平和病院

http://www.heiwakai.com/index.html

『患者様にとって、いつも優しく、誠実であること』


『質の高い地域医療から高度先進医療まで幅の広い医療の提供』

後方支援連携歯科 一覧

『患者様に安心して治療を受けていただけるように「一人一人の患者様に最適な治療を行う」ことを目指し、インフォームドコンセント(説明と同意)に重点を置き地域の皆様の健康に少しでもお役にたてるような歯科医院として努力いたします。