メディア関係


当院理事長も一部参画しております

日本医事新報社 様 発信の書籍


疾病管理・運営・法的問題まですべてわかる

在宅医療マネジメントQ&A【電子版付】

『在宅医療とは?』『介護家族による医療的行為とは?』といった基本事項から『主治医意見書の書き方』や『転倒への対応』など、在宅医療を取り巻く情報がまとまっています。

在宅医療支援サイト

「homedi」ホメディ 

病気になっても住み慣れたところで暮らしたい

住み慣れたところで療養する家族を支えたい

『医療保険や介護保険など在宅に関する情報が載っております。当院をご検討の方は、ご一読されるとより一層理解が深まるものと思われます』

http://homedi.eisai.jp/consumers/

後方支援連携病院 一覧

『24時間・365日「断らない救急」を実践しております。』


『地域に根差した医療を目指して。』


『確かな技術と あたたかさで 信頼される 医療を こころをこめて 提供します。』


医療法人社団 和光会 総合川崎臨港病院

http://rinko.or.jp/

『ともに生きよう。100年病院』


川崎市立 川崎病院

http://www.city.kawasaki.jp/32/cmsfiles/contents/0000037/37856/kawasaki/index.html

『川崎病院は地域の皆様の健康と福祉の向上に貢献することを目指します』


医療法人愛仁会 太田総合病院

http://www.ota-g-hospital.com/


『「医は心」明るく、思いやりにあふれた、何よりも人間性を重視した患者さん中心の医療を目指します。

そして、地域の皆さんの価値ある健康を守るために邁進します。』


医療法人 平和会 平和病院

http://www.heiwakai.com/index.html

『患者様にとって、いつも優しく、誠実であること』


『質の高い地域医療から高度先進医療まで幅の広い医療の提供』

後方支援連携歯科 一覧

『患者様に安心して治療を受けていただけるように「一人一人の患者様に最適な治療を行う」ことを目指し、インフォームドコンセント(説明と同意)に重点を置き地域の皆様の健康に少しでもお役にたてるような歯科医院として努力いたします。


よくある質問

訪問診療に関するよくある質問【Q】とその答え【A】をまとめています。

ご質問は【契約前】/【契約後】で分けております。

ご契約前の方からの質問

【Q1】


事前登録のために、家族がクリニックに伺っても大丈夫ですか?

【A1】


ご家族様の来院でも大丈夫です。

その際は、患者様の保険証類、紹介状、お薬の説明書(薬情)をお持ち頂けると、登録までスムーズに行えます。


【Q2】


かかりつけの病院から紹介状(診療情報提供書)を貰ってきた方がいいですか?

無ければ診てもらえないのでしょうか?

【A2】


絶対に必要な書類ではありませんが、ご用意頂ければ、初回診察より医師が患者様の状態を把握するのに役立ちます。

可能であれば、かかりつけの医師へ在宅医療を始めたい旨をお伝えの上、書類のご用意願います。

今までに医療機関をあまり利用したことが無く、紹介状のご用意が難しい方の場合は、ご用意いただかなくても構いません。

その際は、相談員による契約前の聞き取り時に、これまでの経過をお聞かせください。


【Q3】


訪問診療にかかる費用はどのくらいでしょうか?

【A3】


ご利用料金のページを御確認ください。

【Q4】


医療費のお支払方法は?

【A4】


当院では口座引き落としでご請求させていただいております。現金でのご対応を希望される方は、事前に申し伝えください。


【Q5】


救急時(夜間等)にはどのような対応をしてくださるのですか?

【A5】


当院と契約し、診察に入らせていただいている患者様、ご家族様には24時間繋がる電話番号をお知らせいたします。早朝や夜間などの救急時はまずそちらへご連絡いただき、ご相談、必要に応じて往診いたします。

急変時などは医師の指示に従い救急車の手配などをご家族様にお願いする場合もございますので予めご了承願います。

尚、処置中、運転中などの理由ですぐにお電話に出られない場合もございます。その場合、着信を確認し折り返しお電話を致しますので、番号が通知されるように発信元の設定をお願い致します。

【Q6】


往診時の先生はどんな格好でしょう?

【A6】


医師は1日平均12件程度の訪問予定の患者様のお宅へ伺っております。車で移動し、外を動き回っておりますので、基本的には、医師自身が動きやすい格好で廻られています。

時に「医師に見えないので白衣で診察をして欲しい」とのご要望を頂くことも御座いますので、その際は白衣等ご用意させていただきます。ご相談ください。

【Q7】


現在かかっている病院があるのですが、訪問診療と一緒に受けることは可能ですか?

【A7】


可能です。これまで通り、かかりつけの病院へ通院していただきながら、在宅でのフォローを当院で致します。その際、かかりつけの病院の医師へ患者様より「訪問診療を受けて、通院も継続したい」旨を事前にお伝えいただくと情報共有がスムーズに行えます。

【Q8】


月の定期診察は1回でも良いのでしょうか?

【A8】


在宅での療養環境を把握、維持するためにも、月に2回の定期診察を初めにご案内しております。

しかし、介護者様のご事情や患者様の状態により、月1回での定期診察も対応可能ですので、ご相談ください。

【Q9】


往診の先生は同じ先生で来てくださるのでしょうか?

【A9】


当院と契約をされた全患者様は、24時間365日対応致します。

その対応に当たる医師は、その時に動ける当院の常勤医師となりますので、常勤医師が全患者様を把握する為に、周期的に代わる場合もあります。

どうしても医師の固定をご希望であれば、都度御相談願います。

【Q10】


クリニックに伺って診察をしてもらうことは可能ですか?

【A10】


当院は在宅専門のクリニックになりますので、当院に在籍する医師は常に川崎市を走り回っております。

よって待機医師は当院にはおりません。

そのため、外来対応をご希望される方は、当院より近医である診療所をご紹介させて頂きます。

ご契約後の方からの質問

【Q1】


診察に来ていただいております。

しかし、知らされている予定の時間通りに来たり来なかったり、時間変更の電話なども多いのですが、なぜでしょうか?

【A1】


在宅医療という特性上、ご自宅や施設に伺うには車での移動が基本となります。もちろん移動の時間を考慮した訪問時間を事前にお伝えはしておりますが、交通状況による遅延や、他の患者様で予定外の処置を行う必要になってしまったり等、訪問しなければ知り得ない情報の中での動きになりますので、どうしても予定通りの時間で一人ひとりの診察を終え、現場に伺えないこともあります。

特に、緊急往診に対応する場合は、予定のお時間から大幅な変更をお願いすることもありますので、その際は、事前にお電話にて変更可であるかの旨、確認をさせて頂きます。

どうかご理解、ご協力をお願い致します。

【Q2】


デイサービスやショートステイを多く利用することになりましたが、デイサービス先などには、診察をしに来てはくださらないのですか?

【A2】


原則として、介護保険と医療保険の利用が重なってしまうのは避けなければならないとされております。それぞれ下記のような動きになりますので、ご容赦願います。


①デイサービス 訪問 ☓ 往診 ☓

訪問診療を行える場所は、その患者様の「生活の場」に限られております。デイサービス先は生活の場として認められておりませんので、ご自宅である「生活の場」にお帰りになられた後の往診となります。実際の動きとして、デイ先からの大体のお帰りの時間を伺い、その時間に合わせてご自宅に往診するといったケースは少なくありません。

②ショートステイ 訪問 ○ 往診 ○

訪問の場合は、ショートステイ利用前30日位内に当院が患家へ訪問し、診察を行った場合に限り、ショートステイ開始後30日間のみ可能とされております。詳しくは、ケアマネジャーやご利用先の施設へお問い合わせください。


上記内容は基本事項でありますので、緊急時などには臨機応変な対応を検討したいと思います。

【Q3】


訪問マッサージや訪問リハビリを利用したいと考えております。医師への相談は必要ですか?

【A3】


保険を利用した訪問マッサージや訪問リハビリは、医師による同意書が必要です。医師が「この患者さんにはマッサージが必要」と判断し、その施術に同意した場合にのみ、そのサービスを開始することが出来ます。

自費利用であれば、医師による同意書は必要ではありません。

【Q4】


夜間に緊急連絡先に電話をしましたが、繋がりませんでした!そのような場合は、どうしたらよいのでしょうか?

【A4】


連絡がつかなかった場合、考えられるのは下記内容です.


・緊急対応中であり、コールにでることが出来なかった

・電波の届きにくい場所へ行っていた

・移動中であり、対応することが出来ない状況であった 等


当直対応として、着信(番号通知あり)を残して頂ければ、必ず折り返しを行っております。しかし、機器トラブル等により、その着信記録も残らない場合もありえますので、連絡がつかない場合は、今一度緊急連絡先の番号をお確かめの上コールをして頂き、それでも繋がらない場合は無理せずに救急車等でご対応頂きますようお願い申し上げます。

ページトップへ